ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【本の紹介】 ~仕事の本から子供向けの本まで~

こんにちは!カズです! 

 

本日、近くの本屋さんに行って買ってきた本を紹介させていただきます。まだ、読み終えていない本もありますが、よかったら参考にしてもらえればと思います。夏だからこそ、本を読みましょう!

 

 

働き方 完全無双

 

これは、2ちゃんねるの開設者ひろゆき氏が書かれた本で、以前に『無敵の思考』の本も読ませていただいていたので、今回も興味があり読ませてもらうことにしました。まだ『無敵の思考』をご存じでない方はこちらから読んでみてください。きっと何か考えるきっかけになると思います。

 

kazu-network.hatenadiary.jp

 

この本はまだ読み始めたばかりなので、すべてを紹介できませんが、ひろゆき氏の個性溢れる内容になっています。この方の考え方は、かなり偏っているように思いますが、どうしても興味を持ってしまうのは、常にポジティブな思考を持っているところだと思います。今回の本でも、どのようにして、これからの世の中を生きていくのかが書かれていました。

 

ブラック企業から自分をどのように守るのか?睡眠時間をしっかり取ることがどれだけ大切かなどがかかれており、一昔前の日本人の考え方を否定することも書かれています。当たり前の考え方から脱する勇気を持たせてもらえるような、そんな一冊になっています。

 

f:id:kazu-network:20180722202135j:image

 

新しい考え方を取り入れてみたい方には、是非、おすすめです。よかったらどうぞ! 

 

働き方 完全無双

新品価格
¥1,404から
(2018/7/22 21:45時点)

 

 

もののしくみ大図鑑

 

これは、完全に衝動買いです(笑)

「子供用の図鑑かな?」なんて思いながらパラパラってめくってみたら、全然違う。パソコンのしくみやドローンのしくみ以外にもロボットのしくみまで書かれていました。その中でも仕事柄、ホームネットワークのしくみについては、どうしても目が止まってしまいじっくり読んでしまいました。

 

内容的には概要レベルの内容ですが、幅広くかかれているので、どなたにも読んでもらいたい一冊となります。特にお子さんがいらっしゃるご家庭であれば、この夏休みに一緒に読んでみてはいかがですか?

 

f:id:kazu-network:20180722201948j:image

 

興味を持っていただけたら、こちらからどうぞ。少し大きめの本ですので、Amazonで購入して送ってもらうのがベストですよ! 

 

サイエンス プラス もののしくみ大図鑑 なぜうごく?どうちがう? (サイエンスプラス)

新品価格
¥2,484から
(2018/7/22 21:13時点)

 

 

10年後の仕事図鑑

 

これは1週間前に購入した本で、だいぶ読み終えましたので、感想を少しだけ。

 

この本では、10年後に「なくなる仕事」、「減る仕事」と「生まれる仕事」、「伸びる仕事」の2つの視点で仕事が書かれています。ただし、10年後の将来がどうなっているかなんて言うのは、血液型占いくらいの精度しかない。

 

10年前、YouTuberやインスタで稼ぐ人が生まれるなんて、誰が予想したでしょうか?そのくらい将来を予測するのは難しいのであれば、予測なんてやめて自分のやりたいことを徹底的にやろうと語られています。

 

 

f:id:kazu-network:20180722202000j:image

 

堀江貴文氏と落合陽一氏が、将来をどのように生きていくべきかについて、それぞれの視点で書かれていて大変、面白い本でした。これらの本の内容を鵜呑みにするのべきだとは思いませんが、自分にない視点で世界が見れるようになれると思いますので、是非とも読んでみてもらえればと思います。

 

10年後の仕事図鑑

新品価格
¥1,512から
(2018/7/22 21:37時点)

 

まとめ

たまに目的を持たずに本屋に行ってみると、いろんな発見があります。ただ、いつもブラブラしている時間がある方ばかりでもないと思いますので、このように紹介させてもらいますので、参考にしてもらたら嬉しいです。

 

【注意喚起】 そんなうまい話なんてない!

こんにちは!カズです!

 

今日(2018年7月18日)、パソコンでお勉強をしていると、急にこんな画面が!

 

f:id:kazu-network:20180716204748j:plain

 

なんだか知らないけど、Googleギフトに当選したそうです。1分30秒以内に3つの質問に答えるだけで、Movie Card Streaming、iPad Air2、Samsung Galaxy S6のどれかがもらえるそうです。『やったー!』なんて引っかかるわけもなく、調べてみるとフィッシング詐欺であることが判明!『やっぱりね~(笑)』ってなったので早速、記事にさせてもらいました。

 

 

この手の詐欺に引っかからない簡単な方法があるので、知らない方は是非参考にしてください。それは、『ネット検索』することです。今回の場合であれば、以下の内容でGoogle検索すれば一発でヒットします。

 

googleユーザーのあなた、おめでとうございます (1)件のgoogleギフトが当選しました

 

 

「おめでとうございます!Googleをお使いのあなた!」当選者に選ばれました通知に注意(2018年7月14日継続中)

 

【注意喚起】「Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!」というサイトに要注意 / 正体はGoogleギフトを装ったフィッシング詐欺 | ロケットニュース24

 

「おめでとうございます!Googleをお使いのあなた!」偽の当選画面が表示された場合の対処法 | かんたんブログ

 

 こんな感じで、載せてくれていたりするので、これらを読ませてもらえればすぐに詐欺であることがわかります。このようなワードは出来るだけ詳細で正確に書く必要があるので、『ページのタイトル』『メールのタイトル』『メールアドレス』などをコピペして検索することをおススメします。

 

たったこれだけのことで大抵のフィッシング詐欺は防げると思いますので、サイトをクリックしたりメールに返信したりする前に、必ず実行してください。

 

 

世の中、そんなにうまい話なんてないです。焦って飛びついて失敗する前に、冷静に判断するようにしましょうね~!

 

 

【おすすめ】

厳しいようですが、自分のことは自分で守らなければいけない時代です。本を読んだりセキュリティソフトなどで守りましょう!

 

イラスト図解式 この一冊で全部がわかるセキュリティの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本【電子書籍】[ みやもと くにお ]

価格:1,814円
(2018/7/17 08:55時点)
感想(0件)

すべてわかるセキュリティ大全 2018

すべてわかるセキュリティ大全 2018【電子書籍】

価格:3,024円
(2018/7/17 08:56時点)
感想(0件)

ESET ファミリー セキュリティ 3年版

【5分でお届け】【15周年記念価格】【クーポンあり】ESET ファミリー セキュリティ 3年版 【5台用:ダウンロード版】【イーセット】(セキュリティソフト)

価格:6,480円
(2018/7/17 08:57時点)
感想(65件)

ド素人が始めたプログラミング ~Python始めて2週間で出来たもの~

こんにちは!カズです。

 

久しぶりの記事となってしまいましたが、何をしていたかと言うとプログラミングの勉強をしていました。自らの成長を求めなくなったら、エンジニアは終わりだと思っていますので、久しぶりに本腰入れて、インプットしてみました。

 

以下のサイトで2週間で勉強したプログラミング体験を紹介しています。よかったら、こちらを見てもらえると嬉しいです。(ちなみにまだ、完成してませんが…。)

 

kazunetproject.site

 

 

 

なぜ、ここで紹介させてもらっているか?それは以下のことを伝えたいからなんです。

 

・ド素人でも2週間でプログラムは作れる

・プログラミングが必須科目になることの意味

働き方改革に向けてやるべきこと

 

f:id:kazu-network:20180709204444j:plain

 

ド素人でも2週間で作れる

このサイトで紹介させてもらっているプログラムは、ド素人の僕が2週間で書いた内容を書かせてもらいっています。「ド素人って言っても一応エンジニアじゃん!」って思う方もいるかもしれませんが、ネットワークエンジニアとプログラマは全然違います。パソコンのセットアップなどは少し詳しいもののプログラム言語については、さっぱりです。

 

そんなド素人でも2週間頑張れば、仕事に少しは役に立つコードが書けるもんです。特に今回使用している「Python」という言語は、比較的わかりやすい言語で出来ています。少しでも興味を持ってもらえたら、チャレンジしてみください。

 

 

プログラミングが必修科目になることの意味

文部科学省が2020年からプログラミングが小学生の必修科目となることを発表されてることは、ご存知ですか?もちろん、パソコンに向かってコードをガリガリ書いていくような授業ではないとは思いますが、プログラミングの仕組みや思考などを学ぶことになるそうです。

 

もしお子さんが、

 

『プログラムってなぁに?』

 

って聞かれたら、なんて答えられますか?

 

僕らの時代は、国語や算数は学んできましたが、プログラミングは習ってこなかった。こんな風に答えるのでしょうか?それではダメだと思うんです。もちろん、プログラムを書かなくてもいいと思いますが、少しでも興味をもって概念だけでも理解してもらえたら嬉しいです。(上記の記事は、早速、コードを紹介している記事ですが…。ゆくゆくはプログラミングとはについても書いていくつもりです。)

 

 

働き方改革に向けてやるべき

巷では働き方改革という物が騒がれており、本来、やるべき仕事を捨てて定時退社・有休消化に精を出している社員が増えています。その尻拭いをするために残業して、上司に怒られるなんてこともよく聞く話です。

 

そんなことを嘆くくらいなら、1人で2人分の仕事を出来るようになってしまえばいいのです。だからと言ってタイピングを早くしたり、フロアを走り回るなんてスマートじゃないですよね?それよりも、プログラミングを覚えて時間のかかる単調作業を自動化し、本来考えて生み出す作業に集中することにしませんか?

 

本の紹介もさせてもらっていますが、『退屈なことはPythonにやらせよう』ですね!Pythonだけではなく、自動化して機械的に処理させるような仕組み作りを一緒に考えていきましょう。

 

 

まとめ

僕は頭がいいほうではありません。高校時代の期末テストも決まってビリ争い。そんな僕が、2週間で勉強した時間は、おそらく100時間を超えていることでしょう。この記事で紹介させてもらった本以外にも多くの本を読みましたし、何百というサイトを参考にさせてもらっています。

 

それで出来上がったのがこの程度のものなんです。しかし、きっとこのブログを読んでくれている方は、僕なんかよりもできる方だと思います。(少なくてもクラスのビリ争いはしていなかったのでは?)

 

それなら、やれます!ただ、『やるからには徹底的に!』で、始めてみませんか?きっとできる。

 

ラズベリーパイ(Raspberry Pi 3B+)を買ってみた話

今回は、先日、購入したラズベリーパイ(Raspberry Pi 3B+)」を紹介させていただきます。

 

ラズベリーパイって聞いて、「何かの食べ物かな?」って思った方いませんか?僕も最初はそう思いましたが、違うんです!一言で言えば、低スペックの小型パソコンなんです。

 

f:id:kazu-network:20180627004606j:image

 

しかし、持ち合わせている機能はバージョンアップと共に追加されてきており、自由工作やIoT教育に用いられています。2018年6月時点での最新バージョンである「Raspberry Pi 3B+」のスペックは以下になります。

 

 

主な仕様 

CPU・・・1.4GHz クアッドコア Cortex-A53 

Raspberry Pi 3 Model BからB+になって、CPUの動作クロックが1.4GHzになり、さらに高性能になっています。

 

 

電源・・・Micro USB Bソケット 5V 2.5A / 2.54mm ピンヘッダ / PoE HAT用ピンヘッダ

Raspberry Pi 3 Model B+からPoEが対応可能になりました。PoEとはLANケーブルで接続された機器に対して電源共有する機能で、カメラなどにLANケーブルを接続するだけで起動させることが可能となっています。

 

 

イーサーネット・・・10/100/1000 Base-T RJ45 ソケット(Microchip LAN7515)

Raspberry Pi シリーズで初めてGigabitEthernet対応インターフェイスとなります。

 

 

無線LAN・・・IEEE 802.11 b/g/n/ac  2.4/5GHz

Raspberry Pi 3 Model Bから無線LANモジュールが内蔵されましたが、B+からは新たに電波干渉の少ない5GHz帯に対応するようになりました。IoTの教育にはより使いやすい仕様に変更されています。

 

Bluetooth・・・Bluetooth 4.2, Bluetooth Low Energy

BluetoothRaspberry Pi 3 Model Bから導入され、B+から「Bluetooth 4.2」に対応するようになりました。これによりマウスやキーボードなどもUSBを使用せずに接続可能となり、より快適にRaspberry Piが使えるようになりました。

 

 

正確な仕様については、以下のサイトに詳しく書かれているので確認してみてください。

「Raspberry Pi 3 B+」のご案内 - Raspberry Pi Shop by KSY

 

 

Raspberry Pi 3 Model B+を扱う際に必要な物

 

まずは何といってもRaspberry Pi 3 Model B+ですよね。僕は以下のセットを購入しました。これには、本体とケースが含まれます。詳細はサイトで確認してくださいね。

 

Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット

価格:7,280円
(2018/6/26 23:38時点)
感想(0件)

 

これだけでは、まだ使えないので、以下の物もそろえましょう。ちなみに僕は、Raspberry Pi 2を持っていたので用意しなくてもいけましたが、初めての方は購入を検討してください。

 

 

 

電源アダプタ

電源アダプタがないと電源自体が上がらないため、当たり前ですが必要不可欠となります。

Raspberry Pi用ACアダプタ(Pi 3 Model B/Pi 2 Model B/Pi Model B 対応・5V/3A出力・1.6m・microUSBコネクタ)[BM-RBPIAC]【ブライトンネット】

価格:2,180円
(2018/6/26 23:48時点)
感想(0件)

 

 

microSDカード

小型PCであるため、最初からHDDがありません。そのため、このmicroSDカードにOSを入れるため、これもなければ何にもできませんの、購入するようにしてください。

 

microSDカード 64GB マイクロSD microSDXC Toshiba 東芝 UHS-I 超高速100MB/s 海外パッケージ メール便送料無料【7月3-4日入荷発送予定】

価格:2,298円
(2018/6/26 23:51時点)
感想(1件)

 

キーボード・マウス

パソコンである以上、キーボードとマウスは必須ですよね。せっかく小型PCですので、無線キーボードやマウスと言いたいところですが、わざわざ購入しなくても現在、使用してる物でも十分だと思います。余裕があれば購入を検討してくださいね。

 

 

ディスプレイ

Raspberry Piを表示するためのディスプレイが必要になります。まずは、家にあるTVでも接続できますので、わざわざ購入しなくても大丈夫です。ただし、HDMIの接続口があることは確認しておきましょうね。

 

  

ディスプレイケーブル

Raspberry Piとディスプレイを接続するケーブルになります。最近では100均でも売っているので安いところで購入しておくといいと思います。

 

HDMIケーブル 1.8m 最新規格2.0対応 送料無料 4K 3Dテレビ対応 ★1年相性保証★ 19 1方式 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク 業務用 1m 2m 3m 5m 10m 20m有

価格:298円
(2018/6/27 00:14時点)
感想(1321件)

これだけそろえても安いパソコンを購入するよりは安いと思いますよ。

 

 

Amazonでは、B+のコンプリートスターターキットが販売されており、こちらを購入すると必要最低限の物は揃うようになっています。個別に探すのがめんどうな方は、こちらでも。

 

Amazon 

Raspberry Pi3 B コンプリートスターターキット (Standard, 16G)

新品価格
¥9,980から
(2018/8/2 22:32時点)

 楽天

Raspberry Pi3 model B コンプリートスターターキット(Standard 16GB)

価格:10,780円
(2018/7/31 12:48時点)
感想(0件)

 

まとめ

今回は、ラズベリーパイ(Raspberry Pi 3B+)の紹介だけでしたが、これからいろいろ試していきますので、記事になるまでお待ちください~🎵

 

 

 

ルーティングプロトコルの概要

今回は、ルーティングプロトコルの概要について簡単に説明させていただきます。このネットワークが一番いいなんてものはなく、常に環境に合わせて設計する必要あります。ルーティングプロトコルもその1つであり、全て設計・構築経験があること、そしてその中から最適なものを選べる力が必要です。

 

f:id:kazu-network:20180601232937j:plain

 


ディスタンスベクタ型

 

ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルとは、文字通り『「ディスタンス(距離)」と「ベクタ(方向)」で最適なルートを選択する方式』になります。簡単に言うとセグメントまでのホップ数でルートを決める方式で、代表的なルーティングプロトコル『RIP』があります。

 


ディスタンスベクタ型の特徴としては、なんと言ってもシンプル!ただポップ数だけで経路を選択するので誰にでもわかりますが、ルートの収束までに時間がかかります。小規模なネットワークに向いていると思います。

 

 

 

リンクステート型

 

リンクステート型とは、簡単に言ってしまうと『みんなで同じ地図を持って、経路を選択する方式』です。ルータ (L3スイッチ)間の接続情報をみんなで共有し、同じ地図を作ることで最適なルーティングが可能となります。代表的なルーティングプロトコル『OSPF』があります。

 


リンクステート型の特徴としては、同じ地図を持っており誰もが最適なルートを知っているため、ルーティングループが起きないことです。ただしリンクステート型では、同じ地図をみんなで共有するため、地図が大きくなり過ぎると地図の共有に時間がかかることがあります。

 


地図が大きくなってしまった場合は、『エリア』分けを行いますが、なんでも分割すればいいわけでもなく、エリア分けにもルールがあります。きちんとした設計が出来るエンジニアが必要となります。

 


ハイブリッド型

 

ハイブリッド型とは、ディスタンスベクタ型とリンクステート型のいいとこ取りした方式になります。ハイブリッド型のルーティングプロトコルは、『EIGRP』のみになります。別名として拡張ディスタンス型とも言います。

 

 

 

ハイブリッド型の特徴として、基本スタイルがディスタンスベクタ型なのですが、隣接機器のステータスを確認することが可能となります。これにより、故障の検知が早くなりました。

 


良いこと尽くめのように思われますが、欠点もあります。このルーティングプロトコルCisco製のルータおよびL3スイッチでしか使えないプロトコルということです。Cisco製品だけで構築するネットワークでは、EIGRPが最適なダイナミックルーティングプロトコルと言えるでしょうが、Cisco以外のNECYAMAHAルータなどが混ざる場合は使えないので、OSPFなどと組み合わせたネットワークが必要となります。

 

 

 

まとめ 

ルーティングプロトコルの概要について書いてみましたがいかがだったでしょうか?少しでもネットワークに興味を持ってもらえたら嬉しいです。新しいサイトでは、EIGRPについて詳しく書いています。よかったら読みに来てください。

kazunetproject.site

 

 

Cisco Startシリーズ C841M-4X-JSEC/K9/START [ギガビット対応VPNルータ(保守2年付)]

新品価格
¥11,000から
(2018/6/1 23:25時点)

CISCO892J-K9

中古価格
¥6,980から
(2018/6/1 23:27時点)

 

 

 

自宅ラボのススメ

今回は、『自宅ラボのススメ』を記事にさせていただきます。少しでも自宅ラボを構築してみたくなってもらえたら嬉しいです。そもそもネットワークエンジニアとして仕事をしていく上で、なぜ自宅ラボがあるといいのでしょうか?

 

 

メリット

 

まずは、自宅ラボを作るメリットを紹介させていただきます。

 

 

 

現場力があがる

 

ネットワークの構築に関しては知識も必要ですが、やはり経験です。最近では、クラウドが流行りAWSなどでもネットワークを構築して検証をしたりすることも容易に出来ますが、手を動かして構築するスキルというのもまだまだ必要です。

 

スイッチングやルーティングのスキルがあっても、現場作業ではコンソール接続のやり方がわからない方や、ラックマウントにモタモタしてしまう方もよく見かけます。そんなことをお客さん先でしてしまったら、不安を与えてしまいます。それを現場で慣れるのではなく、自宅ラボで慣れておくことで信頼を勝ち取ることが出来るのです。

 

 

やりたい事がすぐに出来る

仕事でしかネットワーク機器に触れない方は、どうしても経験の偏りが発生してしまいます。そのため、新しいことにチャレンジしようとすると、仕事が勉強の場となります。しかし、プロジェクトという物は分業でやるため、十分な勉強が出来ないままプロジェクトは終わってしまう。後で話を聞いてみても、『詳しいことはちょっと…。』なんてことも、よく聞きます。

 

自宅ラボがあれば、先に勉強することが出来るので、新しいことをするプロジェクトでも、少し優位に進めることも出来たりします。そして、あなたへの信頼は上がるのです。

 

 

仕事の速度があがる

エンジニアとして仕事が遅い人の特徴として、技術力不足が見受けられます。単純に知識がないため、新しい機能を導入すると調べることに時間がかかっていて、なかなか設定を書けずにいる人がいます。それでは、残業は減らないため、自分で勉強する時間はなくなります。そのため、また新しい機能を導入すると勉強していないため、時間がかかってしまうという負のスパイラルに入ってしまうのです。このようにならないようにするため、最初は忙しくても、自宅ラボを作って知らない機能は検証しておくことが大切になります。

 

また、自宅ラボで検証が出来ることで、エンジニアとしてコマンドを叩く速度があがります。このような文章を書くタイピングとコマンドを叩くタイピングは異なります。僕は、CCIEのラボ試験構成を自宅で組んで、何百回も同じコマンドを書きました。おかげで文書よりもコマンドの方が早くタイピング出来るようになりました。たまに、普通の文字を書いてて『TABキー』押したくなるくらいに(笑)

 

デメリット

新しいことを始めるには、当然、デメリットもあります。このデメリットを出来るだけ最小限に出来るように工夫しましょう。

 

f:id:kazu-network:20180429011202j:plain

 

お金がかかる

初期投資としてネットワーク機器やラックを購入する費用はもちろんですが、起動していると電気代がかかります。場合によっては、アンペア数を上げる必要もあったりまします。僕もピーク時はネットワーク機器を20台程、起動した状態でレンジなどを使って何度となくブレーカーを落としました。

 

そのため、検証に必要な機器だけ電源をあげて、終わったらちゃんと落とすようにしましょう。一時期、うちの電気代が2万円ちかくになったことも…。

 

 

場所を取る

ラックやネットワーク機器を置く場所が必要です。また、LANケーブルなども適当に配線したりすると、機器からダラっと垂れ下がってしまって汚く見えます。

 

 

仕事ではきちんと配線するのに、家では適当になってしまいがちですが、家のLAN配線こそキレイにした方がいいです。適当に配線してしまったがために、うまく検証出来なくて1日無駄にしてしまうことだってあるので。

 

 

また可能であればラックの購入をオススメします。いくらキレイにLAN配線しても、どうしてもケーブル余長が出てしまいます。そこでオススメしたいのが1/4ラックです。なかなかオークションでも出回っていないのですが、蓋をしてしまえばケーブルも見えなくなるので、見た目もよくなるしホコリなども溜まりにくいです。ただし熱がこもるので電源入れるときは、扉を開けましょうね!

 

 

部屋が暑くなる

多くの機器を用意するのであれば熱を持つので風通しの良いところなどを選ばなければいけません。家の一等地ともなり得る場所を確保するのは…って思う方はサーキュレーターなどで風を循環させたりすることで解消出来ると思います。

 

ただし、半分笑い話ではありますが、冬場は暖房効果があり意外と暖房なしでいけたりもします(笑)ぜひ、試してみてください!

 

 

まとめ

 いかがだったでしょうか?少しでも自宅ラボを作ってみたいと思ってもらえたのであれば、以下のサイトに実際に用意すべきものを書かせてもらいました。よかったら読んでください。

 

kazunetproject.site

 

ここでは、自宅ラボで勉強するコマンドなども構成を含めて紹介させてもらっているので、興味のある方は是非、遊びにきてください。

 

 

Cisco1812J

CISCO Cisco 1812J 固定構成型 セキュアブロードバンドアクセスルータ CISCO1812-J/K9

中古価格
¥4,880から
(2018/8/4 21:31時点)

Catalyst 3560-8PC-S

CISCO Catalyst 3560-8PC-S マルチレイヤ イーサネット PoE対応 スイッチ WS-C3560-8PC-S

中古価格
¥19,980から
(2018/8/4 21:33時点)

 

Catalyst 2960-8TC-L

CISCO Catalyst 2960-8TC-L インテリジェント イーサネット スイッチ WS-C2960-8TC-L

中古価格
¥4,400から
(2018/8/4 21:33時点)

 

 

HSRP(Hot Standby Router Protocol)を学ぼう!

 今回は、ゲートウェイ冗長化 ~HSRP(Hot Standby Router Protocol)~について書いていこうと思います。

 

まずは、用語の解説から。

 

 

用語解説
 

ゲートウェイとは

よくパソコンのアドレス設定でデフォルトゲートウェイという言葉を聞いたことありませんか?まさにその事に近いのですが、パソコンが自分のセグメント以外と通信したい場合に、パケットを送付する先になります。ラストリゾートなんていい方もしますが、つまり、どこ宛かわからないパケットは、とりあえずここに投げとけ!という宛先をデフォルトゲートウェイと呼びます。

 

 

それに近いと言ったのは、ゲートウェイは、必ずしもデフォルトゲートウェイではなく、スタティックルートの宛先なんかにも使えるので、もう少し広義の転送先アドレス(ネクストホップアドレス)と思ってもらえればといいと思います。

 

 

 

冗長化とは

それでは、次に冗長化について解説しますが、冗長とは、何か(ケーブルやネットワーク機器)が故障した際に、通信を速やかに復旧させる機能のことを言います。家でパソコンを使用している場合などでは、冗長化されていることは少ないと思いますが、企業のネットワークでは当たり前のようになっていますね。

 

 

これらを組み合わせたゲートウェイ冗長化とは、パソコンのデフォルトゲートウェイ(途中経路も含む)が故障しても、通信が復旧出来る機能のことを指します。そもそもパソコンのデフォルトゲートウェイは1つしか持てないのに、どのようにして復旧させるのでしょうか?それを、解説していこうと思います。

 

 

 

ゲートウェイ冗長化

今回、勉強で使用する構成は以下とします。

 

f:id:kazu-network:20180425220412j:plain

 

このような構成の場合、ルータ#1とルータ#2のどちらかがデフォルトゲートウェイのアドレスを保持します。しかし、保持したルータが故障してしまったら、通信が出来なくなってしまいますよね?そうならないように、故障が発生したら別のルータにデフォルトゲートウェイのアドレスを移管してもらうことで、通信は復旧させます。これがゲートウェイ冗長化となります。それでは具体的にどうしているのか?について見ていきましょう。

 

 

HSRP(Hot Standby Router Protocol)

 

HSRPはCisco社が開発したゲートウェイ冗長化プロトコルです。複数台のルータ(L3SW)でグループを作り、仮想IPアドレスと仮想MACアドレスデフォルトゲートウェイとすることで、ゲートウェイ冗長化します。

 

そう言われてもさっぱりですよね?構成を使って説明していきますね。まず、パソコンからデフォルトゲートウェイに向けたパケットを飛ばそうとすると、まずパソコンのARPテーブルを見ます。

 

デフォルトゲートウェイとなるアドレスを持っている機器のMACアドレスが載っていれば、そのMACアドレス宛に飛ばすのですが、わからなければ、そのMACアドレスを探すためにARPリクエストを飛ばします。そのIPアドレスを持っている機器がMACアドレスARPリプライとして返信します。

 

そのデフォルトゲートウェイであるIPアドレスMACアドレスをどちらも仮想アドレスとして使用するのがHSRPなのです。この仮想IPアドレスと仮想MACアドレスを2台のルータのうち、Activeルータに保持させてActiveルータが故障したら、StandbyルータをActiveルータに昇格させます。このようにすることで、パソコンは1つのデフォルトゲートウェイを設定するだけで、複数台のルータをデフォルトゲートウェイにすることが可能となるのです。

 

 

まとめ

ここまで読んで頂いて、興味を持っていただけたら、嬉しいです。HSRPの詳細情報、設定変更については、以下のサイトで紹介させてもらっています。よかったらお勉強しに来てください。

 

kazunetproject.site

 

kazunetproject.site

 

kazunetproject.site

 

kazunetproject.site

 

◎ おまけ

Cisco891FJ-K9

Cisco 891FJ-K9 C891FJ-K9 サービス統合型ルータ

中古価格
¥19,400から
(2018/7/11 22:16時点)

 

Cisco1812J

CISCO Cisco 1812J 固定構成型 セキュアブロードバンドアクセスルータ CISCO1812-J/K9

中古価格
¥5,000から
(2018/7/11 22:17時点)