ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【マイナスの世界から】 ~ギャップを利用しよう!~

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは【マイナスの世界から】 ~ギャップを利用しよう!~です。

 

 

f:id:kazu-network:20171223111559j:image

Harumaki

 

この間、仕事をしていてこんな会話になった。

 

上司:今週末までに書類を提出するように!後輩くんは、いつも事務処理遅いんだから気を付けてね!

 

後輩:そんなー、ちゃんとやりますよー。先入観で言わないでくださいー( ;´Д`)

 

 

 

 (ん?ちょっと待てよ。先入観で見ちゃいけないのか?)って思い勝手に考えてみた。

 

 

◎ 先入観とは

 先入観とは、先に頭に入っている考え方。つまり、過去の実績から判断された考え方なのです。この後輩くんは、普段から事務処理が遅れがちになることから判断して、今回も遅れる可能性が高いと思ったのでしょう。うん、間違ってないですね!

 

 

◎ 先入観を取っ払ってみよう!

 先入観を取っ払って考えてみるとこんな感じになるのかな?

 

上司:今週末までに書類を提出するように!

 

みんな:はーいヽ(´▽`)/

 

〜数日後〜

 

上司:後輩くんだけ、出せてないんだけど。

 

後輩:す、すいません。すぐやります。。

 

 

 おそらく、この繰り返し。この文書自体が先入観で書かれているのかもしれませんが、やはり人は物事を先入観で見ているんです。

 

 

◎ 人は常に先入観で見てしまう

 例えば、『期待』『不安』も先入観から出来ているんです。『(今までの実績から判断して)彼なら出来るはずだ!』だったり、『(ずっと失敗し続けて来てるから)次も失敗しそうだ』なんて考えてしまっているのです。

 

 つまり、先入観とは信頼なのです。信頼のないものについては、どんどんマイナスに見えてしまう。たとえ、その実績がなかったとしても、チャラチャラしてる人を見れば、(どうせ、だらしないんだろう)なんて思って見てしまう。

 

 

◎ 先入観から抜け出せるのか?

 先入観から抜け出すことはできるのだろうか?これは、無理です!人の先入観なんてものをコントロールすることなんていうのは、マインドコントロールでもしない限り無理でしょう。じゃあどうしたらいいのかと言ったら、その先入観を、逆に利用すればいいのです。

 

 つまり、先入観を塗り替えてしまえばいいのです。今までマイナスのイメージを持たれていたのであれば、それをプラスに変えることでマイナスの先入観から抜け出すことが出来るのです。

 

 その時、必要となるのはやはり、『信頼』になるのです。如何に信頼を勝ち取るかが重要となります。しかもゼロからでなくマイナスからのスタートとなれば、徹底的なる自分を変えていく必要があります。

 

 

 

 

◎ まとめ

 『信頼』とは、ゼロからスタートして、実績によりプラスにもマイナスにもなる。そのイメージが一度、マイナスになってしまうと簡単にはプラスに出来ない。そのための努力はゼロから始めるのと比べても全然違う。

 

 そのマイナスからプラスに変えるためには、ちょっとの変化では気付かれません。また、プラスの時に起きる4回の成功と1回の失敗であれば、その1回の失敗はたまたまと判断されれますが、マイナスの時では、その1回がクローズアップされてしまう。だからと言って嘆いていても仕方がないんです。やるしかないんです!そして、そのマイナスをうまく利用することで成功することだってあるんです。

 

 『見かけによらず、ちゃんとしているよね!』なんて言葉を聞くことありませんか?これはマイナスからプラスに切り替えたギャップが評価されているのです。 

 

 ゼロからプラスになるよりもマイナスからプラスになった方が、ふり幅が大きいですからね!このように『マイナスだから・・・』なんて嘆くヒマがあったらそれを利用して、新しい先入観を作りましょう!それこそが、新しい未来を創るのだことに繋がるのだから!

 

 

【こんな記事も書いてます】

 

 

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。