ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【ホウレンソウ】 ~エスカレーションを強制するってどうよ?~

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは、【ホウレンソウ】 ~エスカレーションを強制するってどうよ?~です。

 

 僕の会社は、IT企業であるためネットワーク機器やサーバなど構築や設定変更が夜中にあります。その際に『トラブルが発生したら必ず上長にエスカレーションして指示を仰ぐように!』とルール化されています。ここに違和感を感じたので記事にしてみたいと思います。

 

f:id:kazu-network:20171228234431j:plain

 

◎ ホウレンソウ

 これはご存知ですよね。ホウ(報告)、レン(連絡)、ソウ(相談)が社会人になって最初に言われることだと思います。このホウレンソウを適切なタイミングで実施することが大切ですよね。

 

 このホウレンソウが出来ない社員が多いって嘆いている方が多いのではないでしょうか?これを解決するのは、なぜやらないのかを明確にする必要があります。その理由によっては、あなたに原因があるかもしれませんよ。

 

 

エスカレーションは義務なのか?

 冒頭でも書いた通り、作業時にトラブルが発生した場合は、上長に報告することが義務になっているが、僕の会社では報告しない若者たちが多い。そのため、僕の上司はよく怒っている。。横で見てて(あ~あ、連絡しておけばいいのに・・・。)って思って見ているが、なんでエスカレーションしないのだろうか??

 

 それは、上長への信頼がないからではないだろうか?たとえば、トラブルが発生した時に上長に連絡すればなんとかしてくれる!っていう信頼があれば、連絡するのではないだろうか?

 

 例えば、高校野球の漫画などで『〇〇(4番打者)まで回せ!』って言うシーン見たことありますよね?あれって『〇〇に回せば何とかしてくれる!』って絶大なる信頼があるからです。そこに『4番打者に回すこと!』なんてルールは存在しない。それと同じことが言えるのではないでしょうか?

 

 

◎ まとめ

 エスカレーションをしなければいけないのは、トラブルの責任を会社として取る必要があるからです。しかしそのためだけでは、人は動かないのです。やはり作業者としては目の前のトラブルをなんとかしたい気持ちが真っ先に出ます。そこに役立てない上司は、不要な存在になってしまう。

 

 マネージメントだけ出来れば上司として成り立つのではないのです。『助けてください!』って言いたくなるような上司にならなければならないのです。そうなれば、ホウレンソウをしなさい!なってルールがなくても自ずとエスカレーションしてくるはずなのです。

 

 ・あなたの上司はそうなれていますか?

 ・あなたはそんな上司になれていますか?

 ・あなたはそんな上司になれますか?

 

 

 

【こんな記事も書いています】

 

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。