ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【LPIC取得者必見】 〜5分でLinuCを取得しよう!〜

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

 今回のテーマは、LPIC取得者必見】 〜5分でLinuCを取得しよう!〜です。

 

 LinuCレベル2を取得しました!!って実は、何もしていないです!しかも、無料で認定されましたー(*・ω・)/ なぜ、何もしないで、資格が取得できたってどういうことかを説明させていただきます。

 

 

◎ LinuCとは

 まず、LinuC(リナック)ってなんなのか?ってことを説明させてもらいます。LinuCとは、2018年2月5日にLPI-Japanが報道発表したLinuxの新しい資格です。出来たてほやほやの資格ですね。

 

 以前よりLPICという資格試験があったのですが、この資格は、世界中の国や地域を対象に実施されていたため、各国のLinux進化にマッチしていなかったそうです。

 


 そこで登場したのがLinuCなんですね。この資格は日本に特化した進化やニーズを取り込んだ資格となっており、最新の技術も含めた資格試験になったようです。公式サイトでは、以下のように特徴がまとめられておりました。

 

【特長】
「LinuC」は下記の特長があるLinux技術者認定試験となります。
1)最新の技術革新や市場ニーズの変化へ素早く対応可能
2)わかりやすい日本語で受験者にストレスを与えない試験品質
3)日本で管理・監視される信頼性の高い試験
4)受験者のスキルアップと資格証明を支援するサービスを提供

  http://lpi.or.jp/news/press/page/20180205_01/

 

 

◎ 資格試験を受けずに合格

 そんな資格をどうして受験せずに合格できたのか?気になるところですが、これには条件があります。

 

 ・世界基準の試験であるLPICを合格していること!
 ・合格から5年以上経過していないこと!

 


 僕は、以前にLPICレベル2まで合格していたので、LinuCのサイトにログインするだけで認定となりました。ログインサイトは以下となります。

 

Linux/LinuC, OSS-DB, HTML5, ACCEL. OPCEL Exam My page

 


 このような画面になるので、ここに赤枠で囲った『ID(LPI-ID)』『パスワード』を入力してログインしてください。緑枠で囲っている部分をクリックするとLPICのみの認定でいい方向けのページに飛んでしまうので間違えないでくださいね!!

 

f:id:kazu-network:20180223160404j:plain

 

 

 ログイン後は、以下のような画面が表示されると、下方に認定資格が表示されるので、確認してみてくさい。認定期限も表示されるので、あわせて確認してもらえればと思います。※期限が切れてしまうこともあるので、要注意ですね!

 

f:id:kazu-network:20180223160434j:plain

 

◎ 試験レベル

 LinuCには、3つのレベルに分かれています。レベルの定義は以下の通りです。

 

・LinuCレベル1

 実務で必要なLinuxの基本操作とシステム管理が行えるレベルと定義されており、以下の2つの科目に合格する必要があります。

 

101試験:LinuC Level1 Exam 101
102試験:LinuC Level1 Exam 102

 

 受験費用は、1試験あたり15,000円(消費税別)となっているため、最低でも受験料は30,000円となります。(割引等は除きますが)試験時間は90分で、問題数は60問となっています。詳細については、公式サイトで確認してください。

 https://linuc.org/linuc1/

 

 

 

・LinuCレベル2

 Linuxのシステムデザイン、ネットワーク構築において、企画、導入、維持、トラブルシューティング、キャパシティプランニングができるレベルと定義されており、以下の2つの科目に合格する必要があります。

 

・201試験:LinuC Level2 Exam 201
・202試験:LinuC Level2 Exam 202

 

 受験費用は、レベル1と同様の価格となっております。また、試験時間と問題数も同じです。詳細については、公式サイトで確認してください。 

 https://linuc.org/linuc2/

 

・LinuCレベル3(Mixed Environment)

 LinuxWindowsUnixが混在するシステムの設計、構築、運用・保守ができるエキスパートレベルと定義されており、以下の科目に合格する必要があります。

 

・LinuC 300 Mixed Environment Exam

 

 受験費用は、1試験あたり30,000円(消費税別)です。 試験時間と問題数に関しては、レベル1,2と同様の90分で60問となっております。

 

 このような形でレベル分けされていますので、自分のレベルに合わせて受験を検討してみてください。ただし、下位のレベルを認定されていることが受験条件となりますので、初めての方はレベル1から頑張りましょうね!

 

 

 

◎ まとめ 

 このLPIC合格者の自動認定は、2018年8月31日までとなっているので、忘れずに実施してくださいね!!詳細は、LPI-Japanの公式サイトで確認してください。

 

 受験開始が2018年3月1日からとなります。2018年8月31日までにバウチャーを購入すると5〜10%の割引になるみたいです。また、LPICの優位性の資格を保有していた人(優位期限切れの人)は、50%割引で受験出来るようですよ!これはお得じゃないですか?ぜひ、チャレンジしてみては?詳細は公式サイトで確認してくださいね!

https://linuc.org

 

試験の申し込みは、こちらから。

https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/LinuC.aspx

 

 

 

 

LPICレベル1 Linux技術者認定試験学習書 (Linux教科書) [ 中島能和 ]

価格:4,104円
(2018/2/11 23:29時点)
感想(1件)

Linux教科書 LPICレベル2 Version 4.5対応 (EXAMPRESS) [ 中島 能和 ]

価格:4,320円
(2018/2/11 23:30時点)
感想(0件)

LPIC Level 1問題集 「Version4.0」対応 (徹底攻略) [ 鳥谷部昭寛 ]

価格:2,700円
(2018/2/11 23:31時点)
感想(0件)

 

【こんな記事も書いています】

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。