ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

ネットワークエンジニアのお仕事 〜構築と試験〜

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

今回のテーマは、『ネットワークエンジニアのお仕事 〜構築と試験〜』です。

 

 

構築とは

構築フェーズでは、前工程の設計で作られた設計書に沿って、具体的にネットワーク機器にコンフィグを入れていく作業です。そして、構成図通りに機器同士をLANケーブルで接続していきます。

 

構築の規模にもよりますが、僕が関わった案件で最大の構築案件では、ネットワーク機器が1拠点で3,000台以上で、LANケーブルが10万本以上でした。もっと大きな規模の案件もありますので、一口に構築と言っても、1日で終わる案件もあれば構築だけで数ヶ月かかることもあります。構築プロセスは環境や組織のルールなどにもよって異なりますが、ざっくりとしたプロセスは以下のようになります。

 

 

ラック立架

まずネットワーク機器を搭載するためのラックを立てます。企業によって異なるのですが、マシン室というサーバがたくさん置かれる場所に、ラックを立てることが最初に行われる作業となります。ラックにも普通のラックから免震ラックや耐震ラックなど様々な種類がありますので、システムの需要度に応じてラックを選定するようにしましょう。

 

 

電源工事

ラックを立てたら、ラックまで電源を引っ張る必要があります。マシン室には大型の電源ブレーカーが設備されていますので、そこから立架したラックまで電源を引き込むのですが、その際に搭載するネットワーク機器の電源使用量を算出しておく必要があります。電源容量オーバーで障害なんてことがないようにしてくださいね!

可能であれば、電源を系統と引き込むことをオススメします。というのは、1つの電源故障で全機器がダウンするのは大抵の企業で許容されないからです。そのため、搭載する機器も2系統に分散収容することが必要となります。

 

 

回線開通

大抵のシステムは1つの施設だけで使用するわけではなく、他拠点と接続する必要があります。そのため、システムの重要度や必要帯域に応じて回線を選定し接続する必要があります。重要度も高くなく回線帯域もそれ程必要でなければ、フレッツ回線などのベストエフォート回線でも問題ないですが、安定稼働が必要であり帯域も確保したいのであれば、専用線などの回線帯域も占有できるサービスを選定することも出来ます。当然費用も上がりますので、システムの重要度を鑑みて選定するようにしましょう。

 

 

機器搭載

機器搭載では、ネットワーク機器をラックに搭載する作業となります。搭載する際に注意すべき点は以下になります。

 

 

f:id:kazu-network:20180408210257j:plain

 

これ以外にも環境に応じて、注意すべき点が多くあります。ほとんどのネットワーク機器は、固く重たいものです。十分注意をして搭載工事をするようにしましょう!

 

 

ケーブル配線

機器搭載が終わったら、LANケーブルの配線が始まります。ラック間のケーブル配線なども発生しますので、きちんとしたルールを作って作業中は迷わずに工事が進められるようにしておくことが大切です。

 

f:id:kazu-network:20180408210342j:plain

 

 

また、LANケーブル配線の中で最も重要となるのが、『縦管』です!縦管とは、フロア間をまたぐ配管のことで、例えば1階のネットワーク機器と2階のパソコンを接続しようとした場合、当然、縦管が必要となります。その縦管を引くのに数ヵ月かかったりすることもありますので、事前に調査をしておくことが大切となります。

 

 

まとめ

『構築』について少し詳細に書いてみましたが、いかがだったでしょうか?少しでもネットワークに興味を持ってもらえたら嬉しいです。『試験』についても、以下の記事で書かせていただいています。よかったら読みに来てください。きっと役に立てることがあると思いますよ!

 

kazunetproject.site


 

また、職場で使える便利グッズも紹介させてもらっているので、こちらも見てみてください!

kazunetproject.site