ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

自宅ラボのススメ

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

今回は、『自宅ラボのススメ』を記事にさせていただきます。少しでも自宅ラボを構築してみたくなってもらえたら嬉しいです。そもそもネットワークエンジニアとして仕事をしていく上で、なぜ自宅ラボがあるといいのでしょうか?

 

 

メリット

 

まずは、自宅ラボを作るメリットを紹介させていただきます。

 

 

 

現場力があがる

 

ネットワークの構築に関しては知識も必要ですが、やはり経験です。最近では、クラウドが流行りAWSなどでもネットワークを構築して検証をしたりすることも容易に出来ますが、手を動かして構築するスキルというのもまだまだ必要です。

 

スイッチングやルーティングのスキルがあっても、現場作業ではコンソール接続のやり方がわからない方や、ラックマウントにモタモタしてしまう方もよく見かけます。そんなことをお客さん先でしてしまったら、不安を与えてしまいます。それを現場で慣れるのではなく、自宅ラボで慣れておくことで信頼を勝ち取ることが出来るのです。

 

 

やりたい事がすぐに出来る

仕事でしかネットワーク機器に触れない方は、どうしても経験の偏りが発生してしまいます。そのため、新しいことにチャレンジしようとすると、仕事が勉強の場となります。しかし、プロジェクトという物は分業でやるため、十分な勉強が出来ないままプロジェクトは終わってしまう。後で話を聞いてみても、『詳しいことはちょっと…。』なんてことも、よく聞きます。

 

自宅ラボがあれば、先に勉強することが出来るので、新しいことをするプロジェクトでも、少し優位に進めることも出来たりします。そして、あなたへの信頼は上がるのです。

 

 

仕事の速度があがる

エンジニアとして仕事が遅い人の特徴として、技術力不足が見受けられます。単純に知識がないため、新しい機能を導入すると調べることに時間がかかっていて、なかなか設定を書けずにいる人がいます。それでは、残業は減らないため、自分で勉強する時間はなくなります。そのため、また新しい機能を導入すると勉強していないため、時間がかかってしまうという負のスパイラルに入ってしまうのです。このようにならないようにするため、最初は忙しくても、自宅ラボを作って知らない機能は検証しておくことが大切になります。

 

また、自宅ラボで検証が出来ることで、エンジニアとしてコマンドを叩く速度があがります。このような文章を書くタイピングとコマンドを叩くタイピングは異なります。僕は、CCIEのラボ試験構成を自宅で組んで、何百回も同じコマンドを書きました。おかげで文書よりもコマンドの方が早くタイピング出来るようになりました。たまに、普通の文字を書いてて『TABキー』押したくなるくらいに(笑)

 

デメリット

新しいことを始めるには、当然、デメリットもあります。このデメリットを出来るだけ最小限に出来るように工夫しましょう。

 

f:id:kazu-network:20180429011202j:plain

 

お金がかかる

初期投資としてネットワーク機器やラックを購入する費用はもちろんですが、起動していると電気代がかかります。場合によっては、アンペア数を上げる必要もあったりまします。僕もピーク時はネットワーク機器を20台程、起動した状態でレンジなどを使って何度となくブレーカーを落としました。

 

そのため、検証に必要な機器だけ電源をあげて、終わったらちゃんと落とすようにしましょう。一時期、うちの電気代が2万円ちかくになったことも…。

 

 

場所を取る

ラックやネットワーク機器を置く場所が必要です。また、LANケーブルなども適当に配線したりすると、機器からダラっと垂れ下がってしまって汚く見えます。

 

 

仕事ではきちんと配線するのに、家では適当になってしまいがちですが、家のLAN配線こそキレイにした方がいいです。適当に配線してしまったがために、うまく検証出来なくて1日無駄にしてしまうことだってあるので。

 

 

また可能であればラックの購入をオススメします。いくらキレイにLAN配線しても、どうしてもケーブル余長が出てしまいます。そこでオススメしたいのが1/4ラックです。なかなかオークションでも出回っていないのですが、蓋をしてしまえばケーブルも見えなくなるので、見た目もよくなるしホコリなども溜まりにくいです。ただし熱がこもるので電源入れるときは、扉を開けましょうね!

 

 

部屋が暑くなる

多くの機器を用意するのであれば熱を持つので風通しの良いところなどを選ばなければいけません。家の一等地ともなり得る場所を確保するのは…って思う方はサーキュレーターなどで風を循環させたりすることで解消出来ると思います。

 

ただし、半分笑い話ではありますが、冬場は暖房効果があり意外と暖房なしでいけたりもします(笑)ぜひ、試してみてください!

 

 

まとめ

 いかがだったでしょうか?少しでも自宅ラボを作ってみたいと思ってもらえたのであれば、以下のサイトに実際に用意すべきものを書かせてもらいました。よかったら読んでください。

 

kazunetproject.site

 

 

CISCO Cisco 1841 サービス統合型ルータ CISCO1841

中古価格
¥9,750から
(2018/4/29 01:04時点)