ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

ルーティングプロトコルの概要

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

今回は、ルーティングプロトコルの概要について簡単に説明させていただきます。このネットワークが一番いいなんてものはなく、常に環境に合わせて設計する必要あります。ルーティングプロトコルもその1つであり、全て設計・構築経験があること、そしてその中から最適なものを選べる力が必要です。

 

f:id:kazu-network:20180601232937j:plain

 


ディスタンスベクタ型

 

ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルとは、文字通り『「ディスタンス(距離)」と「ベクタ(方向)」で最適なルートを選択する方式』になります。簡単に言うとセグメントまでのホップ数でルートを決める方式で、代表的なルーティングプロトコル『RIP』があります。

 


ディスタンスベクタ型の特徴としては、なんと言ってもシンプル!ただポップ数だけで経路を選択するので誰にでもわかりますが、ルートの収束までに時間がかかります。小規模なネットワークに向いていると思います。

 

 

 

リンクステート型

 

リンクステート型とは、簡単に言ってしまうと『みんなで同じ地図を持って、経路を選択する方式』です。ルータ (L3スイッチ)間の接続情報をみんなで共有し、同じ地図を作ることで最適なルーティングが可能となります。代表的なルーティングプロトコル『OSPF』があります。

 


リンクステート型の特徴としては、同じ地図を持っており誰もが最適なルートを知っているため、ルーティングループが起きないことです。ただしリンクステート型では、同じ地図をみんなで共有するため、地図が大きくなり過ぎると地図の共有に時間がかかることがあります。

 


地図が大きくなってしまった場合は、『エリア』分けを行いますが、なんでも分割すればいいわけでもなく、エリア分けにもルールがあります。きちんとした設計が出来るエンジニアが必要となります。

 


ハイブリッド型

 

ハイブリッド型とは、ディスタンスベクタ型とリンクステート型のいいとこ取りした方式になります。ハイブリッド型のルーティングプロトコルは、『EIGRP』のみになります。別名として拡張ディスタンス型とも言います。

 

 

 

ハイブリッド型の特徴として、基本スタイルがディスタンスベクタ型なのですが、隣接機器のステータスを確認することが可能となります。これにより、故障の検知が早くなりました。

 


良いこと尽くめのように思われますが、欠点もあります。このルーティングプロトコルCisco製のルータおよびL3スイッチでしか使えないプロトコルということです。Cisco製品だけで構築するネットワークでは、EIGRPが最適なダイナミックルーティングプロトコルと言えるでしょうが、Cisco以外のNECYAMAHAルータなどが混ざる場合は使えないので、OSPFなどと組み合わせたネットワークが必要となります。

 

 

 

まとめ 

ルーティングプロトコルの概要について書いてみましたがいかがだったでしょうか?少しでもネットワークに興味を持ってもらえたら嬉しいです。新しいサイトでは、EIGRPについて詳しく書いています。よかったら読みに来てください。

kazunetproject.site

 

 

Cisco Startシリーズ C841M-4X-JSEC/K9/START [ギガビット対応VPNルータ(保守2年付)]

新品価格
¥11,000から
(2018/6/1 23:25時点)

CISCO892J-K9

中古価格
¥6,980から
(2018/6/1 23:27時点)