ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

ラズベリーパイ(Raspberry Pi 3B+)を買ってみた話

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

今回は、先日、購入したラズベリーパイ(Raspberry Pi 3B+)」を紹介させていただきます。

 

ラズベリーパイって聞いて、「何かの食べ物かな?」って思った方いませんか?僕も最初はそう思いましたが、違うんです!一言で言えば、低スペックの小型パソコンなんです。

 

f:id:kazu-network:20180627004606j:image

 

しかし、持ち合わせている機能はバージョンアップと共に追加されてきており、自由工作やIoT教育に用いられています。2018年6月時点での最新バージョンである「Raspberry Pi 3B+」のスペックは以下になります。

 

 

主な仕様 

CPU・・・1.4GHz クアッドコア Cortex-A53 

Raspberry Pi 3 Model BからB+になって、CPUの動作クロックが1.4GHzになり、さらに高性能になっています。

 

 

電源・・・Micro USB Bソケット 5V 2.5A / 2.54mm ピンヘッダ / PoE HAT用ピンヘッダ

Raspberry Pi 3 Model B+からPoEが対応可能になりました。PoEとはLANケーブルで接続された機器に対して電源共有する機能で、カメラなどにLANケーブルを接続するだけで起動させることが可能となっています。

 

 

イーサーネット・・・10/100/1000 Base-T RJ45 ソケット(Microchip LAN7515)

Raspberry Pi シリーズで初めてGigabitEthernet対応インターフェイスとなります。

 

 

無線LAN・・・IEEE 802.11 b/g/n/ac  2.4/5GHz

Raspberry Pi 3 Model Bから無線LANモジュールが内蔵されましたが、B+からは新たに電波干渉の少ない5GHz帯に対応するようになりました。IoTの教育にはより使いやすい仕様に変更されています。

 

Bluetooth・・・Bluetooth 4.2, Bluetooth Low Energy

BluetoothRaspberry Pi 3 Model Bから導入され、B+から「Bluetooth 4.2」に対応するようになりました。これによりマウスやキーボードなどもUSBを使用せずに接続可能となり、より快適にRaspberry Piが使えるようになりました。

 

 

正確な仕様については、以下のサイトに詳しく書かれているので確認してみてください。

「Raspberry Pi 3 B+」のご案内 - Raspberry Pi Shop by KSY

 

 

Raspberry Pi 3 Model B+を扱う際に必要な物

 

まずは何といってもRaspberry Pi 3 Model B+ですよね。僕は以下のセットを購入しました。これには、本体とケースが含まれます。詳細はサイトで確認してくださいね。

 

Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット

価格:7,280円
(2018/6/26 23:38時点)
感想(0件)

 

これだけでは、まだ使えないので、以下の物もそろえましょう。ちなみに僕は、Raspberry Pi 2を持っていたので用意しなくてもいけましたが、初めての方は購入を検討してください。

 

 

 

電源アダプタ

電源アダプタがないと電源自体が上がらないため、当たり前ですが必要不可欠となります。

Raspberry Pi用ACアダプタ(Pi 3 Model B/Pi 2 Model B/Pi Model B 対応・5V/3A出力・1.6m・microUSBコネクタ)[BM-RBPIAC]【ブライトンネット】

価格:2,180円
(2018/6/26 23:48時点)
感想(0件)

 

 

microSDカード

小型PCであるため、最初からHDDがありません。そのため、このmicroSDカードにOSを入れるため、これもなければ何にもできませんの、購入するようにしてください。

 

microSDカード 64GB マイクロSD microSDXC Toshiba 東芝 UHS-I 超高速100MB/s 海外パッケージ メール便送料無料【7月3-4日入荷発送予定】

価格:2,298円
(2018/6/26 23:51時点)
感想(1件)

 

キーボード・マウス

パソコンである以上、キーボードとマウスは必須ですよね。せっかく小型PCですので、無線キーボードやマウスと言いたいところですが、わざわざ購入しなくても現在、使用してる物でも十分だと思います。余裕があれば購入を検討してくださいね。

 

 

ディスプレイ

Raspberry Piを表示するためのディスプレイが必要になります。まずは、家にあるTVでも接続できますので、わざわざ購入しなくても大丈夫です。ただし、HDMIの接続口があることは確認しておきましょうね。

 

  

ディスプレイケーブル

Raspberry Piとディスプレイを接続するケーブルになります。最近では100均でも売っているので安いところで購入しておくといいと思います。

 

HDMIケーブル 1.8m 最新規格2.0対応 送料無料 4K 3Dテレビ対応 ★1年相性保証★ 19 1方式 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク 業務用 1m 2m 3m 5m 10m 20m有

価格:298円
(2018/6/27 00:14時点)
感想(1321件)

これだけそろえても安いパソコンを購入するよりは安いと思いますよ。

 

 

Amazonでは、B+のコンプリートスターターキットが販売されており、こちらを購入すると必要最低限の物は揃うようになっています。個別に探すのがめんどうな方は、こちらでも。

 

Amazon 

Raspberry Pi3 B コンプリートスターターキット (Standard, 16G)

新品価格
¥9,980から
(2018/8/2 22:32時点)

 楽天

Raspberry Pi3 model B コンプリートスターターキット(Standard 16GB)

価格:10,780円
(2018/7/31 12:48時点)
感想(0件)

 

まとめ

今回は、ラズベリーパイ(Raspberry Pi 3B+)の紹介だけでしたが、これからいろいろ試していきますので、記事になるまでお待ちください~🎵